水槽の硝酸塩の還元方法

アクアリウムで一番脳ミソを悩まされている物質・・・


それは硝酸塩(NO3)です。




水槽内での濾過サイクルを簡単に説明すると

-----------------------------------------------


    給餌 
     ↓
排泄物(アンモニア、タンパク質)発生
     ↓
アンモニアを好気性バクテリア亜硝酸塩(NO2)に硝化
     ↓
亜硝酸塩(NO2)好気性バクテリア硝酸塩(NO3)に硝化
     

--------------------------------------------------

ここまでの硝化反応は壁掛け式フィルターや外部ろ過機内の設置で行なわれます。


では、なぜ飼育水を水換えをするのでしょうか?

硝酸塩自体は生体には比較的無害ですが、蓄積(高濃度化)すると害がでてきます。

給餌をすることで飼育水に溶け込んだ硝酸塩(NO3)を排出(換水)することで蓄積を防ぐわけです。

この硝酸塩(NO3)を水換え以外の方法が無いのかというと・・・


実はあります。


嫌気性バクテリアにより硝酸塩(NO3)を窒素に還元させる方法です。


んじゃ、水槽内で嫌気性バクテリアを増やせばいいやん♪


確かにそうなのですが、嫌気性バクテリア酸素がほとんど行き届かない止水域にて繁殖します。


対して、好気性バクテリアは活動のために多量の酸素を必要とします。

小さな水槽内で酸素の有る場所と無い場所を作るのは大変難しいことです。

飼育水の硝酸塩が増えると言うことは、水槽内のバクテリアのバランスが好気性に偏っているということです。

偏ったバクテリアバランスを、どのようにしたらバランス良くなるのでしょうか・・・





簡単に考えましょう。





嫌気性バクテリアを意図的に投与すれば良いわけです。



というわけで、ただいま我が家の水槽では



アクアの大先輩のサポートの元、自家培養した嫌気性バクテリアを投与して


データの収集を行なっています。


培養方法などの詳細はまだ詳しく教えることができませんが


結果は報告していきますのでご期待ください^^
[PR]

by darumayer | 2011-02-12 23:50 | アクアリウム 海水水槽

<< セイタカイソギンチャクの駆除に... 27W LED >>