海水水槽をはじめよう! ~RO水て何?~

立ち上げの際に人工海水の素を溶かすときに使用したRO水について

ここで書いてみようと思います


RO水:逆浸透膜方式(Reverse Osmosis)
    水道水に含まれるサビなどの不純物、鉛、細菌等をフィルターによって除去しつつ
    カーボンフィルタで水道水に必ず含まれている残留塩素等を吸着除去します
    次にエ膜孔が0.0001ミクロンの人工薄膜(逆浸透膜)に圧力をかけた水(海水)を
    浸透させることで水分子だけを濾しとり、最終的に不純物を96~98%除去した水


早い話が、とっても綺麗な水な訳です。

もとは人工透析や半導体の製造に使用るるために開発されたとのこと

清涼飲料水の原水として使用されたり、海水を淡水化する技術にも応用されています

この不純物を取り除く高い濾過能力に目をつけてアクアリウムに使おうと考えた人も凄いですけどね

でもRO浄水器にもデメリットがあります

逆浸透膜に圧力をかけた水を浸透させて純粋な水だけを濾しとる訳ですので

残った不純物を全て含んだ排水が出るという、事実があります
生成されたRO水の1.2倍~2倍の量の排水がでます


では一体どれほどの不純物除去能力があるのでしょう


立ち上げに使用した某スーパーのRO水の検査表です
d0114808_22402279.jpg
※画像クリックで、800/600サイズで表示します

どうです? とっても綺麗な水になっていますよね

私的に一番気になったのが検査項目上から3番目の【硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素】の数値です

珊瑚水槽で嫌われている硝酸・亜硝酸の含有量がとても少ないのです
これは水槽で生態を飼育するには非常に有利なことです
家庭用のカートリッジフィルターでは絶対にできません

不純物が圧倒的に少なくて中和されている水を、立ち上げ時から使用することで
水槽の生態を安全な環境の元で飼育できる訳です

去年、レッドビーの飼育を始めた際にこのRO水を使用していれば全滅せずに済んでいたかも・・・


まさに『水は命の源』です


というわけで、現在は淡水水槽の水換え&足し水にもRO水を利用しています


ちなみにアクア用としてRO浄水器が市販されていますが

一台、数万円します


私にはそんな高級なRO浄水器は買えませんので、面倒ですがスーパーへ汲み出しに行きます^^;

結果的にランニングコストもRO浄水器を設置するよりも安くなりますしね



家の近所にRO浄水器が設置してあるスーパーや量販店が無い場合は

仕方ないですが本格的な珊瑚水槽はあきらめて、お魚メインの海水水槽にしましょう

そのような飼育環境の場合でも、種類は限られますが水質悪化に対して

比較的丈夫な珊瑚(ソフトコーラル)もいるようですので探してみるのも良いと思います

とにかく珊瑚水槽を始めたい!という方は・・・迷わずRO浄水器を買いましょう



次回は「水槽の照明」です
[PR]

by darumayer | 2010-02-19 00:24 | アクアリウム 海水水槽

<< 2週間経ちました 海水水槽をはじめよう! ~飼育... >>